子どもの爪かみ防止 苦いマニキュア【かむピタ】を使ってみた

こんにちは、Chaiです。

今年に入ってから、5歳の娘がたまに爪をかんでいる姿を見かけるようになりました。

 

主に、テレビをぼーっと観ている時にかんでいることが多かったように思います。爪がガジガジになってしまい、深爪で痛そうな爪もあったり。

 

そこで、私なりにいろいろと爪かみ防止策を試していきました。

 

結果的に、一番効果的だったのは爪かみ防止グッズの苦いマニキュア【かむピタ】でした。 

スポンサーリンク
目次

爪かみ防止に「苦いマニキュア」を使うことにした

お恥ずかしい話、私自身が小さい頃から爪をかむ癖があります。大人になってからも無意識にかんでしまっている時がありました。

 

長年爪をかむ癖をやめられなかったからこそ思うのですが、癖って自分で注意していてもなかなか治せるもんじゃないんです。

 

だからこそ、爪かみ防止グッズを使ってみるのがてっとり早いと思いました!

 

使ったのは、【かむピタ】という爪に塗る苦いマニキュアです。

f:id:cococo-kurashi:20210514104100j:plain

 

もちろんそれだけを使ってやめさせたわけではなく、他にもいろいろ試していましたが、一番効果があったのは苦いマニキュア【かむピタ】でした。

 

実際の効果はどうだった?

f:id:cococo-kurashi:20210513153147j:plain

うちの娘の場合、使い始めてすぐに効果が現れ、爪かみの癖を治すことができました!

 

もちろん、お子さんによって効果が出るかどうかは個人差があると思います。

ですので、私は「使ってみて治ればラッキー」くらいな気持ちでいました。

 

かむピタを塗り始めてからの娘の様子を見ていると、こんな感じでした。

爪をかもうとする

苦味を感じる

「あっ、爪をかんだらいけないんだった」と気づく

爪かみを我慢する

 

爪をかもうとして苦味を感じて「あっ、爪かむのはダメなんだった」と子どもが自ら気付くこと、この「気づき」がとても重要だなと私は感じました。

 

「やっちゃいけない」と分かっていても、なかなかやめられないのが癖。

 

自分で自分の癖に気づいて、自ら「我慢しよう・爪かむのをやめよう」と一回一回思えたことが、最終的に爪をかむ癖を治すことにつながった気がします。

 

【かむピタ】累計販売数70,000個を突破した爪噛み防止マニキュア【送料無料】

 かむピタの特徴

f:id:cococo-kurashi:20210513154012j:plain

パパとママが自分の子どものために作った商品

【かむピタ】の考案者である福島さんの息子さんにもひどい爪かみ癖があったそうです。

息子さんのために、安心して使える日本製のマニキュアを作ってみようと思ったのが【かむピタ】誕生のきっかけ。

 

福島さんが、同じような子どもをもつ50人のママたちと一緒に「自分たちの子ども、家族に本当に安心できるものを使って癖から卒業させてあげたい」という思いで作った商品だそうです。

 

苦味成分を配合

「安息香酸デナトニウム」という人体に無害の成分を配合。オモチャやSDカードなどの誤飲防止としても塗布されている成分です。

 

子どもにぬる前に、まずは私が爪に塗ってなめてみました。確かに苦いです!

 

センブリ茶みたいな味とでも言いましょうか。

でも、強すぎる苦味ではありません。

 

なめた後、舌に苦味が残っていて、口の中を洗い流してもまだ苦いのが残っています。

しかし、少し経つと苦味もうすくなってくるので、苦い味が長引かず子どもにも安心して使えるかな、という印象でした。

 

苦味で気持ち悪くなってしまう子もいるかもしれないので、初めて使用する際にはうすくぬってあげるといいかもしれません!

 

植物由来成分を配合

レモン果実エキス、ゴボウ根エキス、オランダガラシエキス(クレソン)などの植物由来の成分が配合されています。

 

安心の日本製

日本国内(大阪府)の製造工場で生産されています。海外の商品が悪いというわけではありませんが、子どもの口に入ることを考えると、やっぱり気になります。

 

製品の安全性をチェック

第三者機関により成分分析試験を行い、発がん性物質「ホルムアルデヒド」やヒ素・鉛・カドミウム・総水銀などが検出されないことを確認しています。

 

使っていて「いいな」と感じた点

アルコールで簡単に落とせる

f:id:cococo-kurashi:20210514113528j:plain

落とすのに除光液を使わなければいけない他社商品もありますが、正直、子どもの爪には使いたくないものです。

 

でも【かむピタ】は、消毒用アルコールやアルコール除菌シートで簡単に落とすことができるんです!

 

だから、子どもの爪を除光液で痛めてしまう心配もありません。

 

ってことは、「すぐにマニキュアが落ちちゃうんじゃないの?」と疑問に思われる方もいると思います。

 

かむピタは、手を洗っても落ちにくいようになっていますので安心してください^^

 

実際に私もかむピタを塗って生活してみましたが、塗ってから3日後に爪をぺろっとなめても、まだ苦味がうっすら残っていました。

 

1分以内に乾く

f:id:cococo-kurashi:20210513153213j:plain

小学生ならまだしも、幼稚園の年齢の子に乾くまでじっとしてもらうって大変ですよね。

 

だから、塗ってすぐに乾くのは本当にありがたかったです!!

 

以前は乾くまでに5〜10分ほど必要だったようですが、大幅改良が行われて、苦味はそのままで1分以内に乾くようにバージョンアップしたそうです。すごい!

 

使い方

f:id:cococo-kurashi:20210514104849j:plain

使い方は簡単です!

  1. 石鹸で手をきれいに洗う
  2. 乾いた爪に直接【かむピタ】を塗る
  3. 乾くまで1分待つ

基本的には1日1回塗るだけでOKです。

 

注意点:3歳以下だと効果は期待できないかも

公式サイトでの「何歳から使えますか?」という質問に

かむピタには味覚の発達し始める3〜4歳頃からのご使用を推奨しております。

引用:公式サイト

と書かれています。

 

味覚が未発達の子どもには、大人がなめて苦いと感じるものでも苦さを感じないことがあるとのことです。

そのため、3歳以下の子どもに使用した場合、思ったような効果が出ない可能性がありそうです。 

まとめ

うちの子が爪をかむ癖をやめられたのは、決して【かむピタ】だけのおかげではなく、心のケアも同時にやっていたからだと私は思っています。

 

でも、【かむピタ】を使ったことで、子ども自身が「あっ、爪噛んじゃダメなんだ」と毎回自分で気づけたことは、癖を治すためにとても大きな力になりました。

 

ちなみに、商品が届いた時に、冊子とシールが同封されています。

冊子の中にはこんなページがあり、「かむピタをぬれた」「爪をかむのを我慢できたね」なんて時にシールを貼れるようになっているんです!

f:id:cococo-kurashi:20210514104942j:plain

爪かみや指しゃぶりの癖をできるだけ楽しく治していこう!というメーカーさんからのエールを感じました。 

 

 

この記事が、爪をかむ癖を治したい!とお悩みのママさん・パパさんのお役に立てたら嬉しいです!

合わせてどうぞ!

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる