頭が小さい子でも使える 自転車ヘルメット3選【軽い・おしゃれ】

 こんな方にオススメの記事!

  • 1歳以下の子どもを自転車のチャイルドシートに乗せたい
  • 子どもの頭のサイズが小さめ

 

皆さん、いろいろな理由で小さめサイズの自転車ヘルメットを探されているかと思います。

 

例えば

  • 0歳の保育園の送り迎えで必要

  • 上の子の送り迎えで、赤ちゃんも一緒に自転車で移動しなければいけない
  • 1歳で保育園に通い始めるけど、頭が小さめなんだよね

 

わが家の下の子(男)は0歳8ヶ月から前乗せチャイルドシートに乗せていました。

理由は保育園の登園のため

 

ヘルメットをいざ探し始めてみると、「サイズ47cmから」のものが多く、意外に小さめのものがない!!ということが発覚!

 

当時0歳8ヶ月の息子の頭のサイズは46cmにちょっと届かないくらい。そのため一生懸命、ネットでヘルメット探しをしました。

 

そんな私Chaiが、小さめサイズで、さらに軽くておしゃれな自転車ヘルメットをご紹介します! 

スポンサーリンク
目次

ヘルメットの選び方

f:id:cococo-kurashi:20210212155718j:plain

安全性

わが子を守るためにも、安全なヘルメットを選びたい。国内であればSGマーク、海外ならCEマークなど、安全基準をクリアしている製品を選ぶようにしましょう。

今回ご紹介しているヘルメットはすべてSGマークの付いているものです!

 

ヘルメットの種類

ヘルメットの外側が「ソフトシェル」か「ハードシェル」か、大きく2種類のタイプにわかれます。

安全基準に合格している製品であれば、どちらのタイプでも安全性に変わりはありません。

 

それぞれの特徴は、

  • ソフトシェル → ハードシェルと比べると軽い。首への負担が少ない。
  • ハードシェル → かたくて頑丈だけど、重い。

年齢が小さい時は、ソフトシェルの方が軽いので子どもが抵抗なくかぶってくれるようです。

 

「そのうち重さにも慣れるだろう」と思って、うちはハードシェルを選択

うちの息子のように、0歳でもハードシェルのヘルメットを嫌がらずにかぶってくれる場合もあるので、この辺はお好みで選んでもいいかもしれません。

 

合わせて読みたい!

子ども用ヘルメット。あえてシンプルな自転車ヘルメットを選んだ理由 – cococoな暮らし

いろいろ探したけど、息子のヘルメットは結局上の子と同じものに。

【サイズ小さめ・軽い・おしゃれ】ヘルメット3選

1. OGK PICOT(ピコット)ソフトシェル

 

  • サイズ:45~47cm
     
  • 重さ:220g(小さなりんご1こ分)
  • 年齢のめやす:12ヶ月~2才くらい
  • SGマーク:あり

なんといっても、45cm〜というサイズがありがたい!!

頭が小さくてもぴったりかぶれて安心ですね

 

「いま世の中にあるヘルメットでは大きすぎる」という1歳児のママたちの声から作られたXXSという最小モデル

 

ただし、サイズ設定が47cmまでなので、お子さんの成長具合によっては使える期間が短くなってしまうかもしれません。

 

サイズだけでなく、220gという軽さも魅力!インモールド成形といって、外側ソフトシェルと衝撃吸収ライナーが一体型になっているため、軽くてコンパクト。

 

今のところ、カラーは2種類のみなので選択肢は限られます。

 

2. nicco Baby

  • サイズ:46~50cm
  • 重さ:310g 
  • 年齢のめやす:1歳〜年少(3歳)くらい
  • SGマーク:あり

学童帽みたいな形、つるんとした見た目、カラフルなカラーが特徴的でかわいい♪

ハードシェル。内側の衝撃吸収ライナーは、発泡スチロール製よりも衝撃・摩擦に強い複合発泡になっています。

サイズ調節はヘルメット後ろにあるダイヤルを回すだけ。

 

サイズ違いで、【nicco Baby L】という商品もあります。Baby Lは47〜52cmとなりますので、購入する際はお間違いのないようご注意ください!

 

3. Mag Ride モデルファースト イチハチロク(186)

  • サイズ:46~50cm
  • 重さ:186g 
  • 年齢のめやす:1~3歳
  • SGマーク:あり

ヘルメットの重さは、なんと驚異の186g!!

 

「日本一軽い」が売りだそうです

 

競技用のヘルメットでも採用される作り方で、外側ソフトシェルと内側のライナーが一体化しているインモールド構造です。軽いだけでなく、安全面にも手を抜いていないことが分かります。

 

こだわりを感じるのが、あごひものストラップ。

ストラップの色は、たいてい黒やグレーだったりするのですが、Mag Rideはそれぞれのヘルメットの色に合うよう、ストラップの色も統一しています。

ピンク色のヘルメットならストラップもピンク、といった具合です。

 

番外編 ジョイパレット カブロヘルメットミニ  アンパンマン

こちらのサイズは、なんと44〜50cmなんです。トーマスデザインもありますよ!

 

自転車に乗せられるのは、基本1歳から

f:id:cococo-kurashi:20210212155735j:plain

ひとり座りができるようになる1歳前後からとよく聞きますが・・・

実際のところ、自転車のチャイルドシートに乗せられる年齢の目安は、前乗せ、後ろ乗せどちらも1歳(12ヶ月)以上と設定されています。

 

参考:自転車用チャイルドシート(前・後)選び方のポイント| 電動アシスト自転車 | パナソニック公式通販サイト – Panasonic Store

 

しかし、ご家庭それぞれの事情で、わが家のように1歳以下で乗せ始めることもあるかと思います。

 

参考程度ですが、自転車に乗せ始めた時のうちの息子の成長具合は下記のような感じです。

 

息子0歳8ヶ月

  • 腰がすわっている
  • ひとりお座りが安定してできる
  • がっつりはいはいしている
  • つかまり立ちしてる

10ヶ月になる前には歩き始めていたので、発達は早い方だったと思います。

 

乗せ始める前にいつもお世話になっている自転車屋さんにも相談しました。

自転車屋さんからは「腰がきちんとすわっていれば大丈夫ですよ」と言ってもらったこともあり、うちの場合は1歳以下で乗せ始めました。

 

そうは言っても、上はあくまでわが家の例ですので参考としてお考えください。

 

自転車に乗せるにあたって、お子さんの成長度合いや様子に少しでも不安がある場合は、乗せ始めるのは絶対にやめた方がいいと思います!

まとめ

頭のサイズが小さめの子どもでもかぶれて、さらに軽い・おしゃれな自転車ヘルメットをご紹介しました!

 

運動神経が悪く、鈍くさい私は、自転車に乗る時には、子供たちに怪我をさせないよう、安全運転が第一です💦

急げばスピードも出して不注意になりがちなので、時間に余裕をもって家を出ることを心がけています。  

 

皆さんとお子さんが、安全に自転車ライフを送れるよう祈っております!

 

本日もお読みいただきありがとうございました。

 

よく読まれてます!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる