【bobike】シンプルでこじゃれた自転車チャイルドシート

こんな人にオススメの記事
  • 自転車のチャイルドシートは自分で選んで設置したい
  • 海外製のチャイルドシートが気になっている

当サイトのSWの記事を読んで下さった読者様から、「写真に映っているチャイルドシートはどこのメーカーのものですか?」というお問い合わせをたまに頂きます。
(わざわざお問い合わせ下さったみなさま、ありがとうございます!!)

そこで今回は、うちの電動自転車に設置している前乗せ・後ろ乗せチャイルドシートのご紹介をしたいと思います。

目次

うちが使っているチャイルドシート【bobike】

前乗せチャイルドシート
後ろ乗せチャイルドシート

わが家が使っているチャイルドシートはbobike(ボバイク)というブランドです。

bobikeは、自転車大国オランダのチャイルドシートブランドです。

  • 素敵なデザイン
  • 実用性もしっかり考えられている
  • 魅力的なカラーがそろっている

「おしゃれに、かつ快適に自転車ライフを楽しむ」という視点で作られているんだなと感じます。

個人的には、bobikeの主張しすぎないデザインが好きです。

bobikeにはいくつかシリーズがあります。

・bobike ONE

・bobike GO

・bobike Exclusive 

・bobike Classic

わが家が選んだのは、前乗せ・後ろ乗せ両方とも【bobike ONE】というシリーズです。

bobike ONEシリーズ

前乗せチャイルドシート【bobike ONE mini】

公式情報では、耐荷重の目安が1歳〜3歳までとなっています。(公式サイト

耐荷重お子様体重9~15kgまたは、約1歳から3歳まで
サイズシート幅:380mm
シート高さ:690mm
シート奥行き:260mm
重量2.76kg
安全規格ヨーロッパ規格
Bobike ONE mini

後ろ乗せチャイルドシート【bobike ONE maxi】

公式情報では、耐荷重の目安が3歳〜6歳となっています。(公式サイト

耐荷重お子様体重~22kgまたは、約3歳から6歳まで
サイズシート幅:400mm
シート高さ:760mm
シート奥行き:380mm
重量3.28kg
安全規格ヨーロッパ規格
Bobike ONE Maxi – E-BD : Carrier Mount

上記で紹介しているのは、キャリア(荷台)取り付けタイプです。

特徴

クッションシート

座る部分のクッションシートには撥水素材が使われているので、雨で濡れてもさっと拭けば大丈夫です。

座るシート部分は、単なるプラスチックではなく、ゴム製です。

座る部分

そのおかげで、座る部分に適度な柔らかさを感じつつも、水を吸い込まない作りなので、雨でも余裕で使えます。

座る部分が元からクッション生地になっているチャイルドシートもありますが、難点は雨の日に水を含んでしまうこと。bobikeならその心配はありません。

ショルダーストラップ

子どもの肩に当たる部分のショルダーストラップは柔らかい素材なので、ピタッとフィットして、子どもが嫌がることもありません。

大きくて目立つリフレクター

後ろ乗せのbobike ONE maxiの背面には大きくて目立つリフレクター(反射板)があります。

赤い部分がリフレクター

目立つけどダサくない、いい感じにデザインに溶け込んでいるリフレクターが特徴的です。

Chai

これで暗い夜道も安心です

工具なしで調節できるフットレスト

けっこう便利だなと思っている点が、足を置く部分(フットレスト)が工具なしで調節できるところ。

そんなに頻繁に調節する部分ではないのですが、子どもは知らぬ間に成長しているので、ふとした瞬間に「もうちょっと下げないときついね」となります。そんな時に、すぐに高さを調節してあげられるのが便利です!

色選びでかなり迷う

素敵な色がたくさん揃っています。だから、うちもどれにするかかなり迷いました。

「自転車がブラックだから、同じブラック、いやグレーもいいな。でもカーキとか白とか・・・」

悩んだあげく、わが家はアーバンブラックという色にしました。

Chai

うちは前乗せも後ろ乗せも同じカラーで揃えましたが、前と後ろで別々の色にするのもステキですね♪

おわりに

わが家の電動自転車、パナソニックSWに取り付けているチャイルドシート【bobike】のご紹介でした。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

合わせてどうぞ!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる