【ノロッカ】必要な時だけ使えるレインカバー つけっぱなしにしたくない人には理想的!

こんな人にオススメの記事
  • レインカバーを付けっぱなしにしたくない
  • 雨の日や寒い時など、必要な時だけ使いたい

うちの子が通ってる保育園や同じマンション内でも、普段から自転車のチャイルドシートにレインカバーを付けっぱなしにしてる自転車はよく見かけます。

だけど、

「いつもレインカバーを設置しておきたくない」
「レインカバーは必要な時だけ使いたい」

そう考える方もいるかと思います。

実は私もレインカバーを付けっぱなしにしておきたくない派です。

今回ご紹介するnorokka(ノロッカ)は、レインカバーを付けっぱなしにしないで、子供乗せ自転車でもすっきり使いたい人にとても理想的なレインカバーです。

当記事では、norokka(ノロッカ)のレインカバーについてご紹介していきます。

目次

norokka(ノロッカ)のメリット

「レインカバーを必要な時だけ使いたい」と思っていても、ちょっと気になるのがこんなこと。

  • 取り付け・取り外しに時間がかかるのでは?
  • 収納するのに場所を取るのでは?

ノロッカなら、そんな心配をする必要ありません!

まずは、取り付けの不安。
ノロッカは、なんと30秒で取り付けができます。

そして、収納面。
畳んでコンパクトに収納することができるので、使わない時に収納で場所を取ってしまうようなこともありません。

この後、上記2点も含めノロッカの特徴をさらに詳しくご紹介していきますね。

norokka(ノロッカ)の特徴

さまざまな特徴があるので、順番にご紹介していきます。

1.たった30秒でパッと取り付け

ノロッカの最大の魅力が、取り付け・取り外しが簡単にできる点

なんと、たった30秒ですぐに取り付けできちゃうんです!!

こちらの動画で取り付けの様子が見られます。(最初の20秒くらいをどうぞご覧ください)

ノロッカを使っているママ友も「簡単にパッと取り付けできるからすごく便利だよ」と言っていました。

2.小さく収納して持ち運びできる

引用:公式サイトより

上の写真のように、コンパクトに収納することができます。

だから、「夕方は雨が降る予報なんだよね」なんて日も持ち運びラクラク。

畳み方

持ち物をできるだけミニマムにしたい人には、小さく収納できる点は好ポイントですね!

3.大きな窓で子供も快適

引用:公式サイトより

前窓が半分開きます。

雨が上がった時には、窓を開ければすぐに通気できるので、乗ってるお子さんも快適♪側面にも窓があるので、圧迫感が軽減されます。

Chai

周りの景色もよく見れますね

4.シックなカラーがおしゃれ

ノロッカの色は全部で3色

落ち着いたカラーなので、自転車の色や服装など、どんな色でもなじみやすいです。

  • オリーブ
  • ブラック
  • ブルーグレイ

5.購入後のサポート

笑顔が叶わなければ、全額を返金というスマイルサポートがあります。

購入後2週間、使用していたとしても返品可能。さらに返送費の一部(500円)をお店側が負担してくれるとのこと。

Chai

太っ腹!

購入後1年間は、留め具部品の紛失や転倒による補修生地も無償で提供してもらえます。

取扱の説明動画や電話による相談など、購入後のサポート体制もバッチリなので安心!

6.チャイルドシートの機種ごとの使い方動画

これ、かゆい所に手が届くすごく親切なサポートだと、私は感動しました。

公式サイト上に、ユーザーズガイドというものがあります。

ユーザーズガイドの中で、チャイルドシートの機種ごとに(OGK、パナソニック、海外製のyeppやbobikeなど)写真や動画を交えて、取り付け方など詳しく説明してくれているんです。

例えば

・装着するシート:ブリヂストン(bikke / ビッケ 、HYDEE.II / ハイディー II)←公式のリンクに飛びます

・装着するシート:Thule / Yepp(Thule Yepp Maxi←公式のリンクに飛びます

私は家具の組み立てや何かの取り付けといったことが苦手です。

そんな私のような不器用な人間でも分かるよう、細かな説明や動画の用意をしてくれているのはとても助かります。

ノロッカの全モデル

2021年12月現在、4つのモデルが販売されています。

まず、リヤシート用(後ろ乗せ)とフロントシート用(前乗せ)の2種類に大きく分かれます。

さらに、下記のように細かく分かれ、全部で計4つのモデルが販売されています。

リヤシート用(後ろ乗せ)

  • 前窓半開き
  • 海外シートモデル

フロントシート用(前乗せ)

  • 後付けモデル
  • 備え付けモデル

わが家は海外メーカーのbobikeのチャイルドシートを使っています。

海外製のものだと、「このレインカバー、海外製に対応してるかな?」とよく分からなくてリサーチが必要なのですが・・・

ノロッカならそんな手間は不要!

海外シートモデル用の商品があるので、海外製のチャイルドシートをお使いの方でも、最初から迷うことなく商品を選べます。

リヤシート用 前窓半開き

norokka こどもの本音を叶える道具

国内メーカーのチャイルドシートに適しているモデル。

こちらの商品は現在(2021年12月時点)、基本の3色に加え、数量限定でスモーキーピンクも販売されています。

リヤシート用 海外シートモデル

norokka こどもの本音を叶える道具

海外メーカーのチャイルドシートに適しているモデル。

フロントシート用 後付けモデル

ハンドルの手前にシートがある、後付けタイプ

新モデルが2022年1月中旬に発売予定のようです。

フロントシート用 備え付けモデル

norokka こどもの本音を叶える道具

ハンドルの中心にチャイルドシートがある備え付けタイプ

ノロッカはどこで買えるの?

公式サイト、もしくは楽天全モデル購入することができます。

公式サイトで購入

公式サイトでは、「まとめ割」があります。(公式サイト限定)

・後ろ乗せと前乗せ両方のレインカバーを買いたい場合

・レインカバーの他に、norokkaで販売されているキッズバイク用バッグや子供の骨盤クッションも一緒に購入したい場合

このような方は、公式サイトで買うと割引が適用されるのでお得に購入できます。

楽天で購入

普段から楽天で買い物をする方であれば、楽天ポイントを使ったり貯めたりができるので、楽天での購入がオススメ。

公式サイト・楽天、どちらで買っても返品ポリシーは同じ条件なので、皆さんの都合のいい方で安心してお買い物できます。

norokka こどもの本音を叶える道具
norokka こどもの本音を叶える道具
norokka こどもの本音を叶える道具

ノロッカが向いてない人

さて、素敵な特徴がたくさんあるノロッカですが、デメリットというかノロッカが向いていない人もいます。

レインカバーをつけっぱなしにしておきたい人

そもそも、ノロッカの魅力は着脱が簡単な点なので、雨の日など必要な時だけ取り付けたいという人に向いています。

レインカバーをつけっぱなしにしておきたい方には、ノロッカのメリットを十分に感じることができないと思うので、リトルキディーズなど違う商品を選んだ方が良いのではないでしょうか。

完全防水のレインカバーが欲しい人

ノロッカのレインカバーは完全防水ではありません。

生地裏面に撥水加工(耐水圧2,500mm)がされていますが、表面は雨が染み込みます。

絶対濡れないレインカバーが欲しい場合は、ノロッカでは不満を感じることになってしまいます。

おわりに

「レインカバーを付けっぱなしにしないで、必要な時にその都度使いたい」という希望を叶えてくれるnorokka(ノロッカ)

着脱も簡単で、小さく収納して持ち運びできるノロッカのレインカバーは、子供乗せ自転車でもできるだけミニマムに運用していきたい人にとても理想的なレインカバーだと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

合わせてどうぞ!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる